<W>上級ミクロ(第2版第1刷)  P:ページ数、L:行数

*版および刷数は、本の最後から2ページ目をご覧になり、ご確認ください。

20117月21日掲示)

 

P17 L7    図表1−  → 図表1−11(2008.6.9)

P17 図表1−11 OAL(一人が所得を独占) → OAB(一人が所得を独占)(2011.2.22)

P18 最終行からP19L1  図表1−11  → 図表1−13(2008.6.9)

P21 図表2−1の中  限界生産力:MLP → 限界生産力:MPL(2008.6.9)

P29 下からL6    図表2− → 図表2−10(2008.6.9)

P32 図表2−10の中 B’(,6) → B’(,6)(2008.6.9)

P32 図表2−10の中 C’(,4) → C’(,4)(2008.6.9)

P34 下からL9  点 → 点(2008.6.9)

P37 一番下の囲みの1行目 等費用曲線 → 等費用線(2011.2.22)

P38 下からL2 等量曲線U1の傾き=ΔL/ΔK → 等量曲線Q0の傾き=ΔL/ΔK (U1Q0、「−」をとる)(2011.2.22)

P43 下からL5 総費用は需要量に価格 → 総費用は供給量に価格(2011.2.22)

P73 L8 独占企業は → 独占的競争企業は(2008.6.9)

P74 図表5−7 MR → MR'(2011.2.22)

p75 9行目 MR=MC → MR'=MC(2011.7.21)

P82 【実戦問題2】の図表 縦軸のW1の上のW2 → W0  (2011.7.21)

P83 9行目  生産量はp1、価格はq3に決定される。→生産量はq3、価格はp1に決定される。(2011.7.21)

P90 下からL7 公共財も、完全競争市場のときの →公共財も、私的財のときの(2008.6.9)

P115 下からL9 費用が大きい → 費用が小さ(2008.6.9)

P116 13行目 排出量がx0のときには→排出量がx*のときには  (2011.7.21)

P116 L24 の限界費用b → の限界費用b(2008.6.9)

P117 下から4行目〜5行目 日本は1人あたりの2.6 →日本は1人あたりの排出量は  (2011.7.21)

P121 下からL5 排出を得る → 排出を得る(2008.6.9)

P123
図表7−5中 「余剰の損失」の網掛け部分をEFEのすべてへ(2008.6.9)

P127
L12 (第位の中国、 → (第位の中国(2008.6.9)

P164 図表9−2 B国(輸出国) 国際価格P1はある水準に与えられる → 削除(2008.6.9)

P173
図表9−10の中 「輸出量」と「輸入量」を入れ替え(2008.6.9)

P188 1112行目 (31)限界収入(32)限界費用→(31)(32)限界収入、限界費用  (2011.7.21)

P188 12行目 (34)長期限界収入(35)長期限界費用→(34)(35)長期限界収入、長期限界費用(2011.7.21)

 

 以上、お手数ですが、よろしくご訂正ください。

トップ アイコン
トップ