ライン

経済学入門塾のコンセプト
―6つの特徴―

本書の目的は「ゼロからはじめて経済学がわかる」ことです。
その目的を実現するために本書は、6つの大きな特徴があります



1.難解な数学は使わない
「数学がわからないから経済学がわからない」という事態を防ぐため、
難解な数学は使わず、言葉とグラフで説明します。
『Y計算マスター編』でも、計算の手順を言葉で丁寧に説明していきますから、
数学が苦手な人でも安心です。


2.日常会話でわかりやすく
入門塾では、「要するに○○ということ」という感じで、
理解しやすい「話し言葉」で説明します。


3.グラフはとことん丁寧に
グラフは経済学の理解に不可欠なものです。
ですから、必要なグラフは何回でも登場させて、とことん解説します。


4.重要部分は繰り返し
重要部分は、グラフだけでなく、言葉の解説も繰り返し説明し、
理解を確実なものとします。


5.入門部分と難しい部分を区別
入門論点を『Tマクロ編』、『Uミクロ編』、
その基礎がないと理解できない上級論点を『V上級マスター』、『W上級ミクロ』と、
難易度で明確に区別しました。


6.経済学の思考パターンを最初に

経済学上達のコツである経済学の思考パターンを最初に説明し、
思考パターンに沿って理解するので効率的です。


講師・公開講義・著書紹介 公務員試験・資格試験
<傾向と対策>
経済学の勉強法 リンクへ
最近の経済事情へ 読者の皆さんへお願い
ーよりよい経済学入門塾のためにー
早わかり経済
経済学はやっていないけど経済を理解したい方へ


ライン