ライン
 

国家公務員U種(通称「国U:こくに」)の経済学

2007726日(作成者:経済学入門塾 講師:石川秀樹)

 

1.国U試験の概要(人事院サイトへ)

2.2007年国U本試験分析

3.本試験問題例

4.国U経済学<傾向と対策>

5.過去問集について

 

全文を印刷したい方は以下のPDFファイルをクリックしてください。

 国Uの経済学(全文、PDFファイル)

 

1.国U試験の概要

受験資格、受験科目など試験概要は人事院サイトをご覧ください。

 

2.2007年国U本試験分析

(1)国U経済学出題分析表

 

 

Tマクロ

Uミクロ

V上級マクロ*

W上級ミクロ*

X論文*

Y計算*

Z難関論点*

その他

ミクロ経済学

No31

需要の価格弾力性の計算

 

 

 

 

 

 

No32

労働供給量の計算

 

 

 

 

 

 

No33

損益分岐点と操業停止点の計算

 

 

 

 

 

 

N034

独占の課税後の価格の計算

 

 

 

 

 

No35

保険料の計算(期待効用)

 

 

 

 

 

 

マクロ経済学

No36

政府支出、投資、輸出乗数の計算

 

 

 

 

 

 

No37

貨幣乗数の計算

 

 

 

 

 

 

No38

IS-LM分析による政策の効果(初期ケインジアンのケース)

 

 

 

 

 

 

 

No39

経済成長の要因分析

 

 

 

 

 

 

 

No40

投資理論

 

 

 

 

 

 

 

*は近刊、出版予定はhttp://www.hideki123.comをご覧ください。

 

 

(2)出題分析のポイント

ミクロは5問とも得点しやすい典型的なパターンの計算問題

ミクロ経済学5問はすべて計算でした。5問共にY計算マスター編に出ている典型的な問題であり、計算問題をある程度練習すれば全問正解も可能な出題でした。内容的には、Uミクロ編の範囲が4問、W上級ミクロ編の範囲が1問でした。

マクロ経済学は、1問は難しいが4問は得点しやすい典型問題

マクロ経済学5問中3問が計算問題でしたが、内2問は、Tマクロ編にも出ている政府支出乗数や貨幣乗数など簡単な計算問題ですが、残り1問は経済成長の要因分析であり、Y計算マスターまでやっておく必要があります。文章問題は2問ですが、IS-LM分析による政策の効果(初期ケインジアンのケース:No.38)は比較的得点しやすい問題ですが、投資理論の問題(No.40)は、ジョルゲンソンの投資論の問題点などは通常のテキストには出ていない論点であり、V上級マクロ編をしっかりと読み込んでおく必要があります。

 

3.本試験問題例

ミクロ経済学【No.31】 

次の文章のABに入るものの組み合わせとして正しいものはどれか。

需要量をx、価格をpとし、需要曲線がx=10040pである場合において、

=2としたとき、需要の価格弾力性(絶対値)は A である。また、このとき、価格が2%上昇すると、需要量の変化率は B %になる。

 

   A   B

1.  2   −4

2.  2   −8

3.  4   −8

4.  4   −12

5.  6   −12          N0.31解答解説へ

 

マクロ経済学【No.38】 

 IS-LMモデルにおける財政・金融政策の効果に関するADの記述のうち、妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか。

A.               投資が利子率に対して完全に非弾力的な場合、IS曲線は垂直になる。このとき、貨幣供給量を増加させても国民所得を増加させることはできない。

B.               貨幣需要が利子率に対して完全に非弾力的な場合には、LM曲線は垂直になる。このとき、政府支出を増加させても、クラウディングアウト効果は発生しない。

C.               貨幣需要が利子率に対して完全に非弾力的な場合には、LM曲線は水平になる。このとき、国民所得を増加させるには、政府支出の増加が必要となる。

D.               貨幣需要が流動性のわなに陥っている場合、LM曲線は垂直になる。このとき、政府支出を増加させても、国民所得を増加させることはできない。

 

1. A

2. A, B

3. B

4. B, D

5. C, D             N0.38解答解説へ

 

 

4.国U経済学<傾向と対策>

(1)国U経済の傾向

 2007年はミクロ経済学、マクロ経済学ともに、典型的な問題が多く、計算間違いがなければ、Tマクロ、Uミクロ、Y計算を勉強すれば8割、さらに、V上級マクロ、W上級ミクロを勉強すれば9割〜満点とれます。もちろん、実際には計算ミスや勘違いがあるでしょうから、その分は低い点数となります。いづれにしても、今年に限れば、結果的には、Z難関論点マスターまでやる必要はありませんでした。

 しかし、過去の出題を見ると、平成16年にはインフレ需要・供給分析が出題されており、それ以前には、パレート最適や新古典派の経済成長の問題も出題されており、Z難関論点マスターの範囲が出題される可能性もあります。

 したがって、今年のように比較的解きやすい問題が来年も継続するかどうかはわからないと用心しておいた方がよいでしょう。

 

(2)国U経済の対策

○経済学7割目標(できれば8割、最低でも6割、あわよくば満点)の人

Tマクロ、Uミクロ、V上級マクロ、W上級ミクロ、Y計算をしっかりマスターし、過去問を解いて、本試験の難易度を実感しておきましょう

 

○経済学9割目標(できれば満点、最低でも8割)の人

 さらに、Z難関論点マスターを勉強して、インフレ需要・供給分析、パレート最適、新古典派の経済成長の出題に備えましょう。これらは、2007年のように出題されないこともありますが、出題されたときには出来ない人が多いので、差をつけることができます。


5.過去問集について

 過去問集には、国Uの全科目を収録した問題集と、国Uだけではなく、国Uに出題傾向が類似する地方公務員上級や国税専門官などの試験も含めた、科目別問題集があります。

 

 

国U全科目問題集

他の試験含む科目別問題集

長所

実際の試験時間で解く問題がわかる

50から100問近くの問題があり、主な論点を網羅している

短所

ミクロ・マクロ各15問くらいしかなく、問題数が少ない。主な論点を網羅しきれない

国Uの全ての問題が収録されているわけではない

 

それぞれ一長一短あり、補い合う関係にあるので、両方やるのがベストです。どちらか一方という場合には、科目別問題集を勉強すべきだと思います。国U全科目問題集だけでは、問題集が少なく、不十分です。ただし、時間が限られており、「経済学は半分できればよい」という人は、科目別問題集だけで本番に臨むという作戦もありうるでしょう。

 

●過去問集推薦図書

国U全科目問題集  

Wセミナー編「最新3ヵ年過去問 本試験問題集2008」(早稲田経営出版)

推薦理由

    本試験の問題用紙の体裁のまま再現しているので、本試験のリアルな感じが伝わってきます

注意点

・例年11月頃に今年(2007年、平成19年)の本試験が掲載された最新版が出版されます。間違えて、古いものを購入しないように注意してください!

 

科目別過去問集

資格試験研究会編「公務員試験 新スーパー過去問ゼミ2 ミクロ経済学」(実務教育出版)

資格試験研究会編「公務員試験 新スーパー過去問ゼミ2 マクロ経済学」(実務教育出版)

推薦理由

    解説が丁寧で、入門塾と似た説明をしている部分があり、入門塾の読者には問題集の中ではわかりやすいと思います。

    問題量も十分です。

注意点

    ミクロ経済学の「需要関数の公式」は、余計かもしれません。なぜなら、例年、多くの受験生が「覚えられない」「わけがわからない」と訴えており、しかも、その公式を使わなくても簡単に計算できるからです。面倒であれば、その部分は無視しても構いません。

 

(3.本試験問題例の解答・解説)

ミクロ経済学 No.31 正解3

(解説)

X計算マスター(旧版)p25<鉄則6>より

需要の価格弾力性=

            x=〜をpで微分

 この鉄則に従って計算します。問題文よりP=2なので、

=10040p=10040×220

はx=10040pをpで微分すれば求めることができるので、=40,

これらの計算を<鉄則6>の式に代入すると、

需要の価格弾力性=・・・Aの答え

となります。需要の価格弾力性とは「価格が1%下落したときに需要量が何%増加するか」ということを意味するので、その値が4とは、「価格が1%下落したときに需要量が4%増加する」ということです。したがって、このとき、価格が2%下落したときには、需要量は4%×28%増加し、逆に、問題文のように「価格が2%上昇する」場合には、需要量は8%減少するので、「需要量の変化率」は−8%となります。・・・Bの答え










 

マクロ経済学 No.38 正解1

A.○Tマクロ編図表541のケースであり、正しい。

B.×前半の文章はTマクロ編だけでは正誤を判断しにくい。しかし、後半の文章に関しては、LMが垂直なときには、IS曲線を右シフトさせても国民所得は増加しないから、クラウディングアウトが政策の効果をゼロにしてしまっているので、誤りとわかります。W上級マクロまで勉強していれば、前半の文章は正しいが後半の文章は誤りとすぐにわかります。

C.×LM曲線が水平な場合とは、貨幣需要の利子弾力が無限大(完全に弾力的)のケースなので、「貨幣需要の利子弾力性が完全に非弾力的な場合、LM曲線は水平」という部分は誤り。

D.×流動性の罠であればLM曲線は水平なので、「流動性のわなに陥っている場合、LM曲線は垂直」という部分が誤り。また、このとき、財政政策はきわめて効果が大きい(Tマクロ編図表536)ので、後半の文章も誤り。


トップ アイコン
トップ
講師・公開講義・著書紹介 公務員試験・資格試験
<傾向と対策>
経済学の勉強法 リンクへ
最近の経済事情へ 読者の皆さんへお願い
ーよりよい経済学入門塾のためにー
早わかり経済
経済学はやっていないけど経済を理解したい方へ
済学入門塾のコンセプト
―6つの特徴―

ライン